きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

札幌の東京五輪マラソン代表と北海道の“縁”「前田穂南」…北海道マラソン元担当者が語る

コラム・特集 スポーツ 友だち追加

女子五輪代表3人が揃い踏み

2017年の北海道マラソンで優勝した前田穂南選手

 5月5日に今夏の東京五輪のマラソンコースを走る五輪テストイベント「北海道・札幌マラソンフェスティバル」が行われます。4月19日発表の「ハーフマラソン」主な出場予定選手の中には東京五輪のマラソン代表5人がエントリーされています。

 ※沿道での観戦はできません。また、5月5日はコース周辺で交通規制があり協力を呼び掛けています。

 東京五輪のマラソンコースは札幌中心部で毎年夏に行われてきた「北海道マラソン」(2020年、21年は東京パラリンピック、オリンピックの関係で中止)のコースと重なる部分がほとんどです。

 そこで北海道マラソンに携わってきたUHBのスタッフに「テスト大会の注目点」を聞くというのが今回の特集。答えたのは元アナウンサーで2017年の北海道マラソンの中継を担当した北海道文化放送スポーツ部の近田誉。

 「主観的な“思い出”ばかりになる点、ご容赦いただければ」とまず語り出したのが2017年の北海道マラソン、そしてMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)で優勝した前田穂南選手についてです。

2017年夏に動き出した日本のマラソン“MGCシリーズ開幕”

2017年の北海道マラソンで北大構内を走る前田穂南選手

 日本陸連は東京五輪2020に向けて日本代表の選考方法を見直し、新たに「MGC」方式を始めた。それが2017年。

 基本的には東京五輪の前年にMGCという名の一発選考会をやるというもので、その前の2年間で選考会に出場できる選手(MGCファイナリスト)を選び出す1次選考の期間とした。

 そのMGC出場権獲得対象のレース、MGCシリーズの1つに北海道マラソンも指定されて、MGCファイナリスト女子の第1号が前田穂南選手だった。

 “実況アナ”を引退して何年もたっていたが、その年、2017年は番組制作の担当で東京五輪選考方法MGCの仕組みについて、とにかく“勉強”した。

 ※世界選手権の入賞者も「ワイルドカード」としてMGCの出場権が与えられることになっていたが2017年の世界選手権では該当者はなかった。

  • みんテレ