きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

【北海道の天気 4/22(木)】サクラ前線は札幌に到達 サクラの色で今夏の天候予測

天気 友だち追加

(菅井貴子気象予報士が解説) 午後6時30分現在

◆札幌でサクラ開花
22日は、札幌の気象台でサクラ開花の発表がありました。
平年より11日早く、2008年以来の史上2番目の早さです。
今春は、記録的な早さで本州を北上したサクラ前線は、
北海道に到達しても早いペースを保っています。

◆サクラのことわざ
サクラは農作業の目安にもなる植物です。
昔の北海道のことわざに「桜の花の色が薄い年は低温」があります。
夏の天候を知る目安になりそうです。
ちなみに、去年と今年の花の色を比べると、昨年のほうが少し薄く見えますが、
昨年の7月は真夏日が一日もないなど、夏の始めは低温でした。
夏の天気に注目して、ことわざを検証してみてもいいですね。

◆23日の天気
全道的に晴れるでしょう。
前日に雪が降ったオホーツク海側も天気が回復しそうです。
宗谷、釧路、根室地方は、風の強い状態が続くでしょう。

◆23日の気温
前日に比べて、5~10℃も高くなるでしょう。
5月中旬並みの所が多く、過ごしやすくなりそうです。
札幌の最高気温は15℃、旭川や帯広は18℃です。

◆週間予報
晴天は長く続かず、週末は天気が崩れ、上空に寒気が流れ込みそうです。
24日(土)午後から雨が降り、オホーツク海側は夜は雪が混じるでしょう。
25日(日)午前も、雨や雪が残りそうそうです。
峠や山間部は、積雪や凍結路面にご注意ください。
週明け26日(月)も、全道的に寒さが続くでしょう。
身体に負担になりますが、花冷えは、サクラが長く楽しめるメリットもあります。

  • みんテレ