きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

【コンサドーレ】「プロ相手にも逃げずにやれた」MF田中宏武が振り返るプロデビュー戦

スポーツ 友だち追加

プロデビューを果たした田中宏武選手

 4月20日、JリーグYBCルヴァンカップのグループステージ第3節が県立カシマサッカースタジアムで行われ、北海道コンサドーレ札幌はグループ首位で並ぶ鹿島アントラーズと対戦し、0-3で敗れました。

 この試合で、2022年シーズンからのコンサドーレ加入が発表されている立正大学在学中のMF田中宏武(22)選手が特別指定選手として左ウィングバックでスタメン出場。プロデビューを果たしました。

 ドリブルで相手選手を抜き去るシーンも見られましたが、前半のみで途中交代となったデビュー戦について、試合後に田中宏武選手が振り返りました。


 Q.デビュー戦、いかがだったでしょうかー
「やはり普段やっている試合の強度とは全く違う環境・ステージだったので、少し視野も狭くなってしまったし、バタバタするシーンが目立ってしまったんですけど、とにかくビビらずに目の前の相手と勝負するというところは出していこうと思っていた。ミスは目立ってしまいましたけど、メンタルの部分で逃げずにやれたのは良かったと思います」

 Q.この試合を迎えるにあたり、ご自身の中にはどのような思いがありましたかー
「去年のこの時期からは想像できないような舞台に立たせてもらっている。今回コンサドーレに帯同するために送り出してくれた大学もそうですし、色々な人に感謝の気持ちを持ちながらプレーしました」

 Q.この試合の収穫ー
「プロ選手相手にも逃げずにやれたことは良かったと思います」

 Q.この試合で感じた課題ー
「状況判断のところ。きょうに関しては“自分が自分が”になってしまったところがあった。周りを使うところと自分で行くところの判断の部分をもう少し磨いていかないといけないと感じました」

 Q.次の試合に向けての意気込みー
「判断力であったり、個人の部分はもちろん改善したいです。次は絶対勝たなくてはいけないので、そこにどれだけ貢献していけるかということを意識しながらやっていきたいです」

 ◆田中 宏武(たなか・ひろむ)選手
生年月日:1999年4月15日(22歳) ポジション:MF 身長/体重:174cm/68kg サッカー歴: FC尾島ジュニア ~ 前橋SC ~ 桐生第一高校 ~ 立正大学 代表・選抜歴:関東大学選抜A(2021年) JFA・Jリーグ特別指定選手 認定日:2021年4月13日

  • みんテレ