きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

鈴木直道・北海道知事「道民と力を合わせ困難乗り越える」就任から2年 コロナ対策 新たな決意

政治 社会 友だち追加

 新型コロナウイルス対策など、道政手腕が問われている中、実は、鈴木直道知事、まもなく就任から2年を迎えます。そんな鈴木知事に、みんテレの八木キャスターが4月20日単独インタビューをしました。激務の中、北海道への思いなどを語ってくれました。

 鈴木直道知事:「私も北海道で生まれましたと言いたいですけど、なかなか生まれたところは変えられない。20代、30代、40代と北海道で住んで暮らして働かせて頂いて、誰にも(北海道を好きだという)思いは負けない」

 知事就任から4月23日で2周年を迎える鈴木知事。2021年は、知事にとっては特別な節目でもあるんです。

 鈴木知事:「夕張の市長として8年仕事させて頂いた。ちょうど30歳で市長になったので、そこからいま40になったので10年。知事が2年。26歳で北海道にご縁を頂いて北海道の方々にいろいろとご理解ご協力頂いて仕事している。本当にみなさんに感謝」

 八木 隆太郎 キャスター:「知事に就任されてから核のごみ、IR、コロナといろいろあったが、自己評価は何点くらい?」

 鈴木知事:「自己採点は道政運営をする中でするべきではないと思っている。道政運営の評価をするのは道民のみなさんだと思う。とにかくいろいろな声を受け止めて、少しでもみんなの期待に応えるのが大事」

 そうした中、4月19日札幌市では新型コロナウイルスの感染者数が10万人あたり25人を超えるなど道独自のステージ5相当に。

 八木 キャスター:「まさに道と札幌市がまさに時短要請に向けて協議を始めたと聞いている。今の進捗状況は?」

 鈴木知事:「今は残念ながら感染が拡大している状況。札幌市とも協議して、より強い措置を講じて対策に臨んでいくべき。具体的な時間短縮、さまざまな対策については専門家にもご意見を伺った上でみなさんに話したい」

 具体的な発言は控えたもののより『強い措置』を行う方針を明らかにしました。

  • みんテレ