きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

花粉症?コロナウイルス?区別がつきにくい季節到来…"目のかゆみ&発熱"も重要に

友だち追加

 間もなくやってくる「シラカバ花粉」の季節。気になるのは、この症状が「花粉症」なのか、「新型コロナウイルス」によるものなのか。 

 どのように見分ければいいのか。花粉症に詳しい医師に聞きました。

 医大前南4条内科 田中 裕士 院長:「(花粉症とコロナは)非常に似た症状が多い。花粉症では、涙目になったり、目がかゆくなることがあるが、コロナではほとんどないと思う」

 「息苦しさは、鼻が詰まって苦しいのは花粉症で、胸が苦しい方は新型コロナが疑われる。花粉症は花粉が飛んできた時に症状が悪くなるので、花粉が良く飛ぶ正午から午後2時過ぎと、夕方に悪くなったりする。日内変動と関係なく出てくるのは、コロナの可能性がある」

 「発熱が出てきたときは、発熱外来に行っていただいていいと思いますが、発熱がなくて迷う時はかかりつけ医に行くのが良いのではないか」


【花粉症とコロナ…症状の違いは】
・目のかゆみ:花粉症

・息苦しさ :鼻づまり→花粉症
       胸の苦しさ→コロナ

・1日の変化:昼過ぎと夕方→花粉症
       1日中→コロナ

 田中院長によりますと、目のかゆみがある場合は明らかに花粉症の可能性がありますが、それ以外は、なかなか判断が難しいそうです。 

発熱や悪寒・けん怠感などは「花粉症」ではない可能性

 こちらは、アメリカ喘息アレルギー財団がまとめた花粉症とコロナの症状をまとめたものです。

 あくまで一つの目安として使っていただきたいのですが、発熱や悪寒、筋肉痛など、花粉症で見られない症状の場合は、コロナを疑い発熱がある場合は「発熱外来」、それ以外は「かかりつけ医」の受診がおすすめです。

  • みんテレ