きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

「ひとり焼き肉」大行列 午前8時から「朝焼き肉」…コロナ禍でも“焼肉店激戦区”のワケ

コラム・特集 友だち追加

 4月に入り、札幌市中央区の狸小路では新しいスタイルの焼肉店が相次いで開店し、激戦区となっています。

 そのワケを探りました。

このボリュームで…「580円」

 牛肉100グラムにご飯とキムチ、スープが付いた「バラカルビセット」。

 お値段は580円!

 4月16日、札幌市中央区の狸小路2丁目にオープンした焼肉店のメニューです。

 千須和 侑里子 アナウンサー:「開店まで1時間半ほどあるんですが、長蛇の列となっています。最後尾がどこなのか見えないくらいです」

 国内外68店舗のチェーン店「焼肉ライク」が北海道に初上陸。

 開店前には、狸小路2丁目を取り囲む大行列ができました。

 その人気の秘密は、コスパだけではありません。

1人1台ずつの「焼肉ロースター」

 千須和 侑里子 アナウンサー:「こちら1席1席に仕切りがあって、1人につき1台、焼き肉ロースターがあるんです」

 こちらのコンセプトは「ひとり焼き肉」。

 ターゲットを絞ったそのワケは?

 焼肉ライク 有村 壮央 社長:「気軽に焼肉を15~20分で食べられるように、1人に1台ロースターを配置しています。座った時に向かいの客と目があわないということで、たくさんの女性客にも来てもらっている」

 サッと食べて、サッと店を出るスタイルが支持されているようです。

注文は「タッチパネル」で

 タッチパネルで注文し、支払いはセルフレジ。

 黙食にも対応しています。

一番人気 ご飯食べ放題の「クワトロセット」

 一番人気は、ご飯食べ放題のクワトロセット。

 牛の希少部位を職人が手切りしたという店自慢の匠カルビのほか、牛タン、ハラミ、バラカルビなど4種類をセットにしたものです。

 千須和 侑里子 アナウンサー:「冷凍していないだけあって、肉がすごくやわらかい。うまみも強くて本当においしいです」  

 席の間には、感染対策の仕切りが設けられ、換気にも気を使っています。

 焼肉ライク 有村 壮央 社長:「焼肉店は換気力が強く、1人1台の排気設備のようになることで、2分半に1回の割合で換気することができる」

 新しいスタイルはこちらだけではありません。

 4月に入り、ユニークな焼肉店がもう1店オープンしています。

千須和 侑里子 アナウンサー:「こちらですね。朝定食500円。朝の焼き肉って、どういうことなんでしょうか?」

 老舗ビアホール「ライオン」の地下に4月1日誕生したのが「炭火焼肉 狸小路やまごや」です。

 地下1階の団体用のスペースを焼肉店に改装しました。

 ランチとディナーだけではなく、朝8時から午前10時30分までのメニュー「朝の焼肉」が売りです。

 千須和 侑里子 アナウンサー:「やっぱりおいしいですね、焼肉。これは1人で朝にパッと食べるには、ちょうどいい量ですね」

  • みんテレ