きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

「この1か月極めて重要」知事危機感…札幌"外出・往来自粛"要請延長決定 我慢のGWに

社会 道内経済 友だち追加

 2021年も我慢のゴールデンウィークになりそうです。

 北海道は札幌市を対象にした「外出・往来の自粛要請」を約1か月間延長すると発表しました。

 また北海道内では4月15日、5日ぶりに100人を超える新型コロナウイルスの新規感染者が確認されています。

 5月の大型連休を前に、鈴木知事と札幌の秋元市長は4月15日、16日が期限だった札幌の不要不急の「外出と往来の自粛」を、大型連休明けまで約1か月間延長する方針で合意しました。

 その後開かれた北海道の対策本部会議で、自粛期間を5月14日まで延長することを決定。

 鈴木知事は札幌で感染者が増加し、医療提供体制が厳しい状況にあるとしたうえで、札幌での感染拡大は全道に広がるおそれがあるとして、強い措置をとる必要があるとしました。

 そのうえで、「この1か月での感染再拡大の防止が極めて重要になる」として延長について理解を求めました。会見で鈴木知事は…。

 鈴木 直道 北海道知事:「変異株の8割以上が札幌に集中している。人の往来が活発な札幌では予断を許さない状況。北海道は他県との往来が活発な地域。変異株の状況を考えると大阪のことは他人事ではない。5月14日まで、札幌市内では不要不急の外出の自粛、往来の自粛をお願いしたい」

 また、知事は感染拡大が続けば救命救急などの緊急時の医療やワクチンの接種にも影響を及ぼしかねないと危機感をあらわにしました。

新規感染者が5日ぶりに100人を超えた北海道

 北海道内では15日、札幌と旭川であわせて5人の死亡と、札幌の79人を含む101人の感染が新たに確認されました。また、「変異ウイルスの疑い患者」は33人で、このうち15人が札幌です。

5月14日まで札幌は「外出・往来自粛」を

【札幌への外出・往来自粛要請】
●4月17日~5月14日
●感染防止行動の徹底を
 黙食(4人以内)、テレワーク・時差出勤

 ゴールデンウィークを挟む形で、「外出・往来自粛」が要請された札幌市。北海道医療大学の塚本容子教授は、「2020年の大型連休も感染者が増えた。2021年は変異ウイルスでそれ以上の感染者が予想される」として、連休中の旅行や花見を控えるなど計画の見直しの必要性を訴えています。

  • みんテレ