きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

ミシャ監督 コンサドーレ創設25周年記念試合を前に"サポーターに勝利をプレゼントしたい"

スポーツ 友だち追加

横浜F・マリノス戦を前に指導するミシャ監督(4月14日撮影)

 サッカーJ1北海道コンサドーレ札幌のミハイロ ペトロヴィッチ監督(63)は4月15日、クラブ創設25周年記念試合となる明治安田生命J1リーグ第10節の横浜F・マリノス戦(16日 札幌ドーム)に向けた前日会見に応じました。

 Q)対戦相手が攻撃的な横浜F・マリノスということで、サポーターの皆さんもエキサイティングな試合を楽しみにしていると思います。どのようなイメージでゲームに臨みますかー
「F・マリノスは非常に洗練されたパスサッカーをするチーム。非常に攻撃的で素晴らしいサッカーだと思う。ひとりひとりの選手が流動的に、非常につかまえるのが難しい動きを連動しながらしてくる。これまで札幌は良い戦いをしながらも、それを勝ち点に反映できていないシーズンが続いている中で、我々は勝利が必要なゲーム。F・マリノスも同じように札幌に勝利し、勝ち点がほしいゲームだろう。局面での一対一が多い、激しいゲームになると思っている。F・マリノスとはいつもそういったゲームになるが、今回も同じように非常に球際の激しいハードな、お互いが攻め合う展開の試合になるのではないかと思っています」

 Q)16日、コンサドーレとしてクラブ創設25周年を迎えます。監督はどうお感じでしょうかー
「札幌という土地、北海道という土地で、ひとつのクラブが25年継続して地元に根付いて活動していくというのは非常に難しいことであり、簡単なことではなかったと思います。そうしたひとつひとつをこれまで積み上げてきた方々に本当に感謝している。明日のゲームはそうしたクラブの1年1年の積み上げが、25年分重なったひとつの記念となる日であり、試合である。これまで支えてくれた方々、応援してくれるサポーターに勝利を届けて記念にプレゼントしたい。そうした強い気持ちを持っています」

 ◆コンサドーレの次節日程
4月16日(金)19:00~ 札幌ドーム
明治安田生命J1リーグ第10節
北海道コンサドーレ札幌 vs 横浜F・マリノス

  • みんテレ