きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

"布団の入れ替え"で入室した男性刑務官を「蝶番」で急襲…30代受刑者の男書類送検

事件・事故 社会 友だち追加

受刑者の男を傷害などの疑いで書類送検した函館少年刑務所

 少年刑務所で50代の男性刑務官に金属片でケガを負わせたなどとして、30代の受刑者の男が書類送検されました。

 公務執行妨害と傷害の疑いで書類送検されたのは、30代の受刑者の男です。

 男は2月23日午前11時12分ごろ、北海道函館市の函館少年刑務所内にある保護室で、食事を出し入れする小窓を壊し付いていた蝶番を持ち、40代の男性刑務官の左足に複数回突き立てケガを負わせるとともに、刑務官の職務の執行を妨害した疑いがもたれています。

 蝶番は長さ13センチ、幅2.5センチ、厚さ2ミリのステンレス製で、男性刑務官は太ももなどを切るケガをしました。

 函館少年刑務所によりますと、男性受刑者がいた保護室は受刑者に自傷行為や他害行為などがあった場合に入る部屋で、刑務官2人が布団の入れ替え作業をするため入室した際に、男が男性刑務官に暴行したため、もう1人の刑務官が男を取り押さえました。

 函館少年刑務所の調べに、男は認否を明らかにしていないということです。

  • みんテレ