きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

“歩道走行” “信号無視” 自転車「ルール違反」次々取り締まり 気を付けるポイントは?

事件・事故 社会 くらし・医療 友だち追加

 気温が上がり自転車を利用する人が増え始めるのと同時に、自転車が絡む交通事故も増え始めています。街中ではルール無視で走る自転車の姿も…。

 みなさんはルールを守って運転できていますか?

 木村 洋太 記者:「事故は一日中、比較的交通量の多い道路で起きました。女性はこの辺りではねられ転倒したということです」

 4月9日、北海道札幌市中央区の国道で83歳の女性が走ってきた自転車にはねられ大けがをしました。

 自転車を運転していた16歳の男子高校生は「女性に気付いた時にはブレーキが間に合わなかった」と話しています。

 12日朝も札幌市中央区で自転車を運転していた80代とみられる男性が乗用車にはねられるなど、この1週間で自転車が関係する事故が増えています。

 マナー違反の自転車に歩行者は…。

 歩行者:「曲がってきたりとかスピードがすごかったりとか、ぶつかりそうになった時もある。信号を渡るときとか」

 歩行者:「歩いてる時にぶつかりそうになったり、危ないなって思います」

 12日朝の札幌駅前。通勤・通学ラッシュ時の取り締まりでは、違反の実態が浮き彫りに。

 長岡 伶奈 記者:「今、自転車が飛び出してきました」

 警察官:「止まってください。止まってください」

 長岡 伶奈 記者:「赤信号だったようで警察が注意しています」

 警察官:「自転車の方、歩道通行はできません。車道を走行するか降りてください」

 長岡 伶奈 記者:「歩行者が歩いているところを自転車が勢いよく通り抜けていきます」

 自転車は軽車両に分類され原則車道を走らなければなけないとされていますが…。

 警察官:「自転車の歩道通行はできません。押すか、車道走行をお願いします」

 自転車の利用者:「(歩道を走るのが)完全に禁止とは認識してなかったです」

 取り締まり中にも歩行者の間を縫うように走る自転車も。

 北海道内では2020年、自転車と歩行者による事故で20人以上がケガをしていて、そのうち6割以上が歩道で起きています。

 これから増えていく自転車の利用。車道を走行することや信号や標識を守ること。またイヤホンで音楽を聞く「ながら運転」に注意するなど自転車の利用者は歩行者の安全を守ることが必要です。

  • みんテレ