きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

【札幌】立正大学 田中宏武 2022年シーズン新加入「弟 田中渉(仙台)と同じ舞台に立つのを誇りに」

スポーツ 友だち追加

2022年シーズンから札幌に新加入が内定した田中宏武選手

 サッカーJ1の北海道コンサドーレ札幌は4月9日、立正大学体育会サッカー部所属の田中宏武(たなか・ひろむ)選手と仮契約を結び、2022年シーズンからの新加入が内定したと発表しました。

 田中宏武選手は1999年生まれの21歳、ポジションはミッドフィルダー、桐生第一高校から立正大学に進みました。弟の田中渉選手(20)はベガルタ仙台でプレー。札幌がメディア向けに配ったリリースには、特徴として「サイドを主戦場とし、スピードを活かしたドリブルでチャンスを作り出すことができる」と紹介しています。

 田中宏武選手は「この度、北海道コンサドーレ札幌に加入することが内定しました立正大学の田中宏武です。北海道コンサドーレ札幌というとても魅力的な素晴らしいクラブで、プロサッカー選手としてのキャリアをスタートできることをとても嬉しく思います 。自分は本当にたくさんの人に恵まれてここまでくることができました。まずなによりも小学校3年生でサッカーを始めたときから何不自由なくプレーを続けさせてくれて、誰よりも応援してくれた家族には本当に感謝したいです。また、自分を信じてくれた地元の友達、常に切磋琢磨して時にはぶつかりながら高めあってくれたチームメイト、生意気な自分に厳しく愛のある指導をしてくださった指導者の方々、これまで関わってくれた全ての人に感謝しています。そして1番のライバルであり弟でもあるベガルタ仙台の田中渉とJリーグという同じ舞台に立つことができることを誇りに思います。現状に満足することなくまずはここまで人間的に大きく成長させてくれた立正大学でしっかり戦います。そして北海道コンサドーレ札幌で1日でも早くチームの勝利に貢献しファン、サポーターの皆様に応援していただけるような選手になっていきます。応援よろしくお願いいたします」とコメントしています。

 ◆田中宏武(たなか・ひろむ)選手
生年月日:1999年4月15日(21歳)ポジション:MF 身長/体重: 174cm/68kg サッカー歴:FC尾島ジュニア~前橋SC~桐生第一高校~立正大学 代表・選抜歴:関東大学選抜A(2021年)

 ◆田中宏武選手と札幌の関わり
岡村大八選手(24)は立正大学の先輩。さらに、札幌に所属していた鈴木武蔵選手(27)は桐生第一高校の先輩にあたる

  • みんテレ