きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

東京との往来自粛要請を検討 GW前に北海道知事「厳しい局面」 新たに79人感染

社会 くらし・医療 友だち追加

 ゴールデンウィークを前に一層の警戒を呼びかけます。鈴木北海道知事は4月8日、北海道の対策本部会議で全国的な感染拡大に伴う道内の感染拡大に備え東京都への往来自粛要請を検討する考えを示しました。

 一方で新型コロナ対策の切り札とされるワクチン接種の準備も着々と進んでいます。

 鈴木知事は4月8日の対策本部会議で北海道内の感染状況について「概ね横這い」としましたが今後、北海道民に対し「まん延防止等重点措置」を要請した東京都との往来自粛要請などの対策を検討する考えを示しました。

 鈴木 知事:「ゴールデンウィークは人の移動が一層活発化する。引き続き、厳しい局面が続いている」

 北海道内では4月8日も札幌市の22人を含む患者27人が変異ウイルスに感染した疑いがあることが分かりました。

 新たな感染者は札幌市で51人、旭川市で9人など合わせて79人で依然、予断を許さない状況が続いています。

 感染拡大防止の切り札となるワクチン接種の準備が進んでいます。

 江別市は65歳以上の高齢者向けのワクチン接種を4月12日から始めます。

 北海道内の自治体では初めてとなる見通しで江別市では市内に住む約4万人の対象者に持病の有無などを確認する予診票とクーポン券を発送し準備を進めています。

 一方、札幌市は来週の接種開始に備え医療従事者を対象に説明会を開きました。

 説明会ではワクチンの配送手順のほかアナフィラキシーなど重い副反応が出た際の対処法も説明されました。

 札幌市には4月9日にも約500人分のワクチンが届く予定でようやく一般向けの接種が本格化します。

北海道 感染拡大“予兆”把握のための「抜き打ちPCR検査」

北海道は、感染拡大の“予兆”把握のため「抜き打ちPCR検査」を行います。

対象:旅行や出張などで北海道に来る人(最大700人)
   PCR検査キットで任意検査
   →陽性者は保健所で正式検査へ
期間:2021年4月中旬~5月中旬

  • みんテレ