きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

【日本ハム】“グラサン健矢” しびれ過ぎる場面で強力ソフトバンク打線を封じ0封

スポーツ 友だち追加

4月6日 ピンチを脱した 鈴木健矢投手

 北海道日本ハムファイターズは4月6日、福岡ソフトバンクホークスと札幌ドームで対戦し0対7で敗れました。これで日本ハムは、引き分けを2つ挟んで5連敗です。

 その敗戦の中でも“しびれ過ぎる場面” 存在感を見せたのが「グラサン健矢」こと、鈴木健矢投手(23)。7回ノーアウト2塁3塁の場面でグラシアル選手をセンターフライ。栗原選手を敬遠し、満塁でデスパイネ選手をサードゴロダブルプレーに抑えます。変則サイド右腕はこの窮地を、無失点で切り抜けました。

 栗山英樹監督は鈴木投手のピッチングに関して「右バッター相手にしっかり投げられるのを特徴にしてほしいと思っていた。きょうはしっかりと良く耐えてくれたと思います」と好投を評価しました。

 鈴木投手のトレードマークにもなっているサングラス。実は視力が良くないため、最初はメガネをかけていましたが、周囲の人の勧めで度付きのサングラスをかけることに…ピンチを切り抜けるシーンは“仕事人”の雰囲気を醸し出していました。

 ◆鈴木 健矢(すずき・けんや)投手
生年月日:1997年12月11日 身長/体重:176cm/78kg 投打:右投げ/左打ち 出身地:千葉県 背番号:47 経歴:木更津総合高-JX-ENEOS-北海道日本ハム(ドラフト4位・20~)

  • みんテレ