きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

"密漁ナマコ" 数年前から売買か…暴力団グループと水産加工会社社長 資金源の可能性

事件・事故 社会 友だち追加

 北海道函館市近海でのナマコ密漁事件で、逮捕送検された暴力団員のグループと水産加工会社の社長は、数年前から密漁したナマコを売り買いしていたとみられることがわかりました。

 漁業法違反の疑いで送検された水産加工会社「三宮フーズ」の社長、朴瑛孝容疑者(73)は2021年2月、山口組系の暴力団員、高橋一容疑者(39)ら男5人から密漁されたものと知りながら、ナマコ約390キロを約100万円で買い取った疑いが持たれています。

 その後の調べで、高橋容疑者らと朴容疑者は数年前から密漁したナマコを売り買いする関係だったとみられることがわかりました。

 密漁品のナマコは、朴容疑者の会社で乾燥などの加工をし製品化していたとみられています。

 改正漁業法で買い取った側が逮捕されたのは全国で初めてで、警察は暴力団の資金源になったとみて調べています。

  • みんテレ