きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

値上げの春 缶詰・食用油・小麦粉…コンビニATM手数料“1000円下ろして330円”も

道内経済 友だち追加

 買い物をしていて、値段が高くなったなと感じることありませんか? 4月に入り様々な商品の値上げが相次いでいます。

 一方で家計にありがたい、値下げされた品も。暮らしにどのような変化が出ているのでしょうか?

 値上げの春。この4月から多くの商品やサービスが値上げされています。消費者からは悲鳴が。

 北海道民:「パンもたくさん買うと、結構な金額になる」

 北海道民:「子どもが1人独立し家を出て、出費が減ると思ったがそうでもない。コロナ禍で外食は減っていても、家でおいしいものをと、余計にパンなどを買ってしまう」

 家計を守るため、スマホの格安プランへ乗り換えを考える人も。

 北海道民:「20GBで6000円くらい払っているところが、約3000円で済むのは大きい」

 北海道民:「キャリアメールが使えないというから、プラン変更を諦めた」

 この春、大きく値上がりしたのは何なのか? 札幌市厚別区のスーパーマーケットで食品バイヤーを務める中川卓哉さんに教えてもらいました。

 ホクノー中央店 中川 卓哉さん:「サンマの缶詰が値上がり。今は高級品という感じになってしまっている。100円台の後半の価格で販売をしているが、200~230円になる予想」

サンマの缶詰が100円台後半から200円から230円に値上がり

 大手缶詰メーカーのマルハニチロは、サンマの缶詰4品目を1缶当たり30円値上げ。ここ数年の、記録的なサンマの不漁が原因とみられています。さらに…。

 ホクノー中央店 中川 卓哉さん:「ここまでの値上げは、私は経験したことがない」

 商品仕入れのプロが驚く値上げ商品とは?

 ホクノー中央店 中川 卓哉さん:「家庭用食用油のキャノーラ油やサラダ油です。2段階の値上げとなり、第1弾は4月に1キロ当たり20~30円。6月に第2弾として20~30円の値上げで、トータルで約60円の値上げとなります」

  • みんテレ