きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

交差点で追突・逃走…1人で立てない"ふらふら"状態 48歳男「酒酔い運転」で逮捕

事件・事故 社会 友だち追加

酒酔い運転の現行犯で男を逮捕した北海道警帯広署

 酒に酔った状態で乗用車を運転したとして、48歳の男が逮捕されました。

 酒酔い運転の現行犯で逮捕されたのは、北海道帯広市に住む自称会社員の48歳の男です。

 男は4月4日午前11時40分ごろ同市内の市道で、アルコールの影響で正常な運転ができない恐れがある状態で乗用車を運転し、駆け付けた警察官に逮捕されました。

 警察によりますと男は逮捕前、市道交差点で信号待ちをしていた車両に追突する事故を起こしていて、追突された男性が「交通事故があった」などと110番通報している間にその場から逃走していました。

 男性が男の行方を追い約15分後、現場から400メートルほど離れた路上で発見。

 到着した警察官が男から事情を聴こうとした際、酒の臭いがしたため呼気検査を実施したところ、酒気帯び運転の基準を3倍近く超えるアルコールが検出されました。

 さらに男は1人で立っていられないほど酒に酔っていたため、警察は「酒酔い運転」の現行犯で男を逮捕しました。

 車両の20代の男性に目立ったケガはありませんが、病院で診察を受けています。

 警察は男の運転前の行動や動機などを詳しく調べることにしています。

  • みんテレ