きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

【札幌】宮澤裕樹 “反撃へ”「活性化させる能力がある選手が戻って来る時期」

スポーツ 友だち追加

インタビューに応じた 宮澤裕樹選手

 明治安田生命J1リーグ第7節アビスパ福岡戦(4月3日 ベスト電器スタジアム)を前に、北海道コンサドーレ札幌のキャプテン宮澤裕樹選手(31)がインタビューに応じました。

 「勝ち点3を取ることが目標、簡単な戦いではない。自分たちの戦いをして勝ち点3を取りたい(2週間ぶりの出場)僕自身1試合飛ばして、またリーグ戦に向けコンディションを整えてきた。その間チームがリーグ戦の反省点を生かしてルヴァンで勝利をあげてくれた。あとは自分が入って良い戦いができるようにしたい。コンディションは整っています」

 広島戦で足を痛がるしぐさを見せていたがケガはないと語った宮澤選手。4月は計7試合。リーグ戦5試合、ルヴァンカップ2試合と厳しいスケジュールで戦わねばなりません。

 「勝ち点をしっかり積み重ねていかないと自分たちが厳しい状況になるのは分かっている。開幕戦以来勝てていない状況ですが、自分たちは4月に入って盛り返していけるように、まずは福岡との試合を自分たちのサッカーをして、勝ち点を取って来られるように準備はしています」

 福岡の印象については―

 「前線に高さある選手、チームとしてコンパクトに規律を持ちながらサッカーをしてくるスカウティングがある。相手がどう出てくるかは警戒しないといけないですけど、その中で自分たちの良さを最大限出せるように、というミーティングでした(最終ラインに入っていたが)DFラインの統率については僕自身ボランチやってる中でもDFラインに入ってやることが多いですし、いつもと変りなくいつもやってることをやる。メンバーについては監督が決めること。こないだの善成(駒井選手)だったりキム・ミンテだったり、僕自身も複数ポジションこなせる選手。今いるメンバーで戦っていく事で、チームの底上げができると思います。誰が出てもやるサッカーは変わらないので、全員が準備してやれればなと思います」

 ケガ人が多かった札幌ですが、いよいよ選手たちの復帰のめどが見えてきました。

 「チームを活性化させる能力がある選手たちがたくさん戻って来られそうな時期になってる。チームにとって助けになりますし、今までやってきた中に新しい選手が入って競争が生まれたり、チームとして勝つという目標に向かって全員で切磋琢磨していければ、もっともっと良いチームになる」とコメントしました。

 ◆北海道コンサドーレ札幌の次節日程
明治安田生命J1リーグ第7節
4月3日(土)14:00~
vsアビスパ福岡(ベスト電器スタジアム)

  • みんテレ