きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

"ロフト2号店"「苗穂地区」にオープン…再開発で人口増・買い物しやすい工夫も随所に

コラム・特集 友だち追加

 札幌駅直結でおなじみの大型生活雑貨店の2号店が、3月26日オープンしました。 

 札幌駅からわずか1駅しか離れていない苗穂地区に新たに進出したそのワケは?

 千須和 侑里子 アナウンサー:「アリオ札幌ロフト店がオープンしました。待ちわびたお客さんで、あっという間に行列ができました」

 札幌市東区のショッピングセンターに3月26日オープンした「アリオ札幌ロフト」。 

 文具から美容・健康、バラエティグッズまで取りそろえる生活雑貨の専門店です。 

 北海道内では、JR札幌駅直結のエスタに続いてこれが2店目です。 

 1号店からわずか1駅の距離ですが、苗穂地区にオープンしたそのワケは?

 Q.この場所に作った狙いは?
 アリオ札幌ロフト 中川 伸一 店長:「マーケットの大きさを考えると、札幌には複数の店舗があった方がいい。またこの苗穂地区は再開発が進んで、これから人口も増えることもあり出店した」

 エスタで1つのフロアを大きく使って営業している1号店と比べて、3月26日オープンした道内2号店は、売場面積が約3分の1ですが…。

 アリオ札幌ロフト 中川 伸一 店長:「店のサイズは小さいが、駅前の札幌ロフトと比べ、半分の商品を厳選させていただいた」

1万8000種類に厳選された商品が並ぶ

 商品は、1万8000種類に厳選。陳列棚を低くすることで奥までの見通しが良くなり、品物が探しやすくなっているのが特徴です。 

 さらにもうひとつの特徴は、家族連れが快適にショッピングできる工夫です。

カートも使いやすい広々とした通路

 千須和 侑里子 アナウンサー:「お子さんをカートに乗せていても、通路を広く取ってあって買い物がしやすいです」

 乳児の母親:「通路も広く通りやすい。車で来られて駐車場でベビーカーに子どもを乗せられるので、すごく楽です」

 ファミリーの買い物客に便利なロフトの道内2号店。 

 ロフト全店で行っている毎年春恒例の「コスメフェスティバル」では、この期間だけの限定品もたくさん用意されていました。

  • みんテレ