きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

【札幌】ペトロヴィッチ監督 サガン鳥栖は「攻撃においても危険なチーム」

スポーツ 友だち追加

3月26日 ルヴァン杯鳥栖戦前日 インタビューに応じる ペトロヴィッチ監督

 JリーグYBCルヴァンカップグループステージ第2節サガン鳥栖戦(27日 駅前不動産スタジアム)を前日に控え、北海道コンサドーレ札幌のミハイロ・ペトロヴィッチ監督(63)が3月26日、インタビューに応じました。以下、インタビュー内容です。

 「リーグ戦の前節、ヴィッセル神戸戦はショッキングな敗戦だった。2日間オフでクールダウンした後、何ができて何ができなかったのかしっかりと考え、ミーティングで選手たちと確認させてもらった。課題に取り組み、あすの鳥栖戦に臨んでいかないといけない。練習は今まで通りして、課題を少しずつ改善していこうと話したりする一週間だった」

 3月20日、明治安田生命J1リーグ第6節ヴィッセル神戸戦では、後半序盤まで3対0でリードしていた札幌。そこからまさかの4失点。ショッキングな敗戦となりました。

 「4失点したのはいただけないが、我々は攻撃的なチームで、なぜ6点を取って6対4で勝てなかったのか逆に言えると思う。得点できるチャンスはあった。4失点したのは反省点だが自分たちは攻撃的なチーム。相手より点を取って勝てなかったのも反省材料だと思っている」

 「神戸も後半で4得点できた。同じように点が取れないこともない。十分にチャンスはクリエイトできている訳で、相手よりも得点を取ることを攻撃的なチームとして目指していかないといけない。失点は改善していかなといけないが、失点だけを反省するのではなく、相手よりも多く点をとるのことを意識しなければならない」

 サガン鳥栖は2021年の7試合で敗れたのは3月3日のルヴァンカップ第1節鹿島戦のみ。好調を維持しています。失点もその鹿島戦の3点のみで堅い守備が光っています。

 「鳥栖は2020年シーズンから非常に良い戦いを見せてきた。今シーズンはさらに前進が見られる。序盤のリーグ戦では成功しているチームでサプライズチームと言って良い。若い選手が多い中で、前を走る、戦う、規律を守るというところを全員がしっかりとやっているチームで、非常にハードワークをしているチーム。戦術もしっかりとオーガナイズされていて、守備、および、攻撃において、非常に組織的な戦いをしてくる。攻撃においても危険なチームだと思っている」

 3月3日のルヴァンカップ第1節アビスパ福岡戦から4試合勝利から遠ざかっている札幌。シーズンの流れを変えるためにも、絶対に取りたいゲームです。

 「(27日勝利できれば)チームにとって大きい。ミーティングで選手に話をしましたが、グループステージ第2節を勝利することによって、グループステージ突破に大きな1勝となる。今のチームには1つの勝利が必要。全力をあげて明日のゲームを勝利すべく戦いたい」

 ◆北海道コンサドーレ札幌の次戦日程
2021年3月27日(土)14:00KO
JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ 第2節
サガン鳥栖 vs 北海道コンサドーレ札幌
駅前不動産スタジアム

  • みんテレ