きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

【札幌】GK中野小次郎 今季リーグ戦初出場で0封も「チームは勝ってないとても悔しい」

スポーツ 友だち追加

3月17日 第5節で浦和を0封した 中野小次郎選手

 3月17日、明治安田生命J1リーグ第5節で浦和レッズと北海道コンサドーレ札幌(埼玉スタジアム2002)が対戦し、0対0のスコアレスドローで終了しました。

 北海道コンサドーレ札幌のゴールキーパーは身長2mの大型選手、中野小次郎選手(22)。今シーズンリーグ戦初出場となりました。前半42分には浦和の杉本健勇選手(28)のヘディングシュートをはじき返すビッグセーブを見せました。札幌の今シーズン初となる無失点ゲームに守備の要として貢献しました。以下、中野小次郎選手のインタビューです。

 Q.杉本健勇選手のシュートをビッグセーブした場面について―
「前回出場したルヴァンカップの1失点目というのが頭にあって、あのクロスに対して自分がチャレンジするのかしないのかの判断、見極めのところをしっかりできたと思います。あのシーンはクロスに対して出ずに、しっかりと構えられたので、ヘディングに対して体がスムーズに動いたかなと思います」

 Q.リーグ戦初先発、完封でしたー
「僕は今年コンサドーレに加入して初めてのリーグ戦でしたが、2020年特別指定で5試合出場したという経験があったので、スムーズに緊張せずに試合に挑めたと思います」

 Q.次の神戸戦は中2日であります。次戦に向けてー
「きょうは自分のパフォーマンスは良かったかもしれないですが、チームは勝っていないので、正直とても悔しいです。自分のプレーをしっかりやるだけなので、中2日ですけど神戸戦も自分のプレーを発揮して、次は勝てるように準備していきます」

 Q.1年間でどのように成長していきたい
「自分のストロングポイントであるビルドアップは、ある程度通用するなと感じた。自分の課題であるシュートストップ、ゴールを守るというところの細かいキャッチングの技術であったり、ポジショニングの技術をもっと上げていって、しっかりゴールを守りつつ、攻撃参加できるような、オールラウンダーなゴールキーパーになれるように頑張ります」

 ◆中野 小次郎 選手(なかの・こじろう)
生年月日:1999年3月5日生まれ 年齢:22歳 出身地:徳島県 身長:200cm 体重:90kg 経歴:USFC~徳島ヴォルティスJrユース~徳島ヴォルティスユース~法政大 背番号:34 ニックネーム:こじ

  • みんテレ