きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

小野伸二41歳 海外クラブで見てきたものと、いま日本で求められているもの #3

スポーツ 友だち追加

2度目の札幌加入、小野伸二の果たす役割とは

 「シンジは自分の中で一番上手い選手」

 元・日本代表の中村俊輔(横浜FC)は、今シーズン開幕直前の記者会見の中でそう語った。

 北海道コンサドーレ札幌への移籍により、小野伸二が2シーズンぶりにJ1の舞台に帰ってきた。リーグ開幕戦となった横浜FC戦にメンバー入り。そして後半41分、万雷の拍手を浴びながら、途中交代でピッチへ。前半で退いた『天才レフティ』とピッチ上で相まみえることは残念ながら叶わなかったが、開幕戦勝利の歓びをチームメイト、サポーターとともに分かち合った。

 『日本サッカー界の宝』という評価に異論を挟む人は少ないだろう。浦和でプロサッカー選手としてのキャリアをスタートさせると、2001年にオランダのフェイエノールトへ移籍。2001-02シーズンのUEFAカップ(現UEFAヨーロッパリーグ)制覇に大きく貢献した。その後も、帰国を挟みながら、ボーフム(ドイツ)、ウェスタン・シドニー(オーストラリア)と、海外3クラブでプレーしてきた。これら海外クラブでの経験は、小野伸二のサッカー観にどんな影響を与えたのだろうか。41歳になったいま、小野伸二が日本で求められている役割とは? 浦和レッズ時代からの盟友・河合竜二とともに語り合ってもらった。(全3回/取材:UHB北海道文化放送「コンサラボ」)

再加入後、チームを引っ張る姿が以前に増して多く見られる

■ 若いやつらに負けないように走る

 ー小野選手が琉球に移籍後、札幌はミハイロ・ペトロヴィッチ監督のもとで「オールコートマンツーマン」に取り組むなど、新たなサッカーと向き合ってきました。いま札幌が目指しているサッカーは、どう見えていますか?

 小野:僕が抜けた後のサッカーは、前からのプレスが浸透して、今年はその精度をさらに高めている。非常に変わったなという感じはします。僕自身もやっぱりサッカーは走らなきゃいけないんだなというのを感じてきたので、若いやつらに負けないように自分も走って、自分もやっているから他人に言える、そういう構図をつくれるよう頑張るしかないなと思っています。

 ー世界的に見ても珍しい戦術に、クラブとして取り組み、挑戦していることについてはどう感じますか?

 小野:サッカーにおいて大事なのは、人が見て楽しいと思えること。そういった意味で、それが上手くいく、いかないではなく、新しいことにチャレンジする、それに向かってみんなが共有し、完全に自分のものにするんだという姿勢は大事だと思います。これから去年以上の良さをみんなで求めながら、やっていければ良いかなと思います。

  • みんテレ