きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

小野伸二41歳 海外クラブで見てきたものと、いま日本で求められているもの #1

スポーツ 友だち追加

小野伸二は再び戻ってきたJ1の舞台でどのような輝きを放つのか

 「シンジは自分の中で一番上手い選手」

 元・日本代表の中村俊輔(横浜FC)は、今シーズン開幕直前の記者会見の中でそう語った。

 北海道コンサドーレ札幌への移籍により、小野伸二が2シーズンぶりにJ1の舞台に帰ってきた。リーグ開幕戦となった横浜FC戦にメンバー入り。そして後半41分、万雷の拍手を浴びながら、途中交代でピッチへ。前半で退いた『天才レフティ』とピッチ上で相まみえることは残念ながら叶わなかったが、開幕戦勝利の歓びをチームメイト、サポーターとともに分かち合った。

 『日本サッカー界の宝』という評価に異論を挟む人は少ないだろう。浦和でプロサッカー選手としてのキャリアをスタートさせると、2001年にオランダのフェイエノールトへ移籍。2001-02シーズンのUEFAカップ(現UEFAヨーロッパリーグ)制覇に大きく貢献した。その後も、帰国を挟みながら、ボーフム(ドイツ)、ウェスタン・シドニー(オーストラリア)と、海外3クラブでプレーしてきた。これら海外クラブでの経験は、小野伸二のサッカー観にどんな影響を与えたのだろうか。41歳になったいま、小野伸二が日本で求められている役割とは? 浦和レッズ時代からの盟友・河合竜二とともに語り合ってもらった。(全3回/取材:UHB北海道文化放送「コンサラボ」)

■ 海外での生活とサッカー

 ―小野選手はこれまでオランダ、ドイツ、オーストラリアと海外3カ国でのプレー経験があります。海外クラブでの経験を振り返ると、どんな印象ですか?

 小野:各国の文化は、行ってみて色々感じることがありました。オランダにいた時も、試合に出ていた選手のうち半分くらいが他の国から来ていました。色々な国の選手たちとプレーをし、日常生活を共にして。色々な文化がピッチ内外にあったので、自分の中で新しい発見、楽しい部分が多くありました。

 ―UEFAカップ決勝(vsボルシア・ドルトムント)のメンバーを見ても、ベンチ入りした18選手中10人がオランダ以外の出身。先発メンバーでは小野選手以外に、FWトマソン(デンマーク)、MFカルー(コートジボワール)、DFジョンサ(ポーランド)、ギャン(ガーナ)と5人がオランダ以外の出身でした。

 小野:ドイツは基本的にドイツ人、オーストラリアはオーストラリア人が多かったかな。

 河合:どこの国、どこの街が一番好きだった?

 小野:どの国も良い思い出が沢山ありますよ。オーストラリアは暖かいシーズンしかプレーしないので、自分としては体の調子を持っていきやすい。オランダ、ドイツはやっぱり冬の時期は寒い。その辺りの違いはありますけど、どこの国も良さは凄くある。でも、やっぱり札幌が一番じゃないですかね(笑)。

 河合:上手いことまとめた(笑)。どの国でも周りの人たちとすぐに仲良くなれるのが小野選手の良さだと思います。その中でも、オーストラリアは一番楽しんでるなあと。

 小野:確かにオーストラリアでは、ケガが無かったというのもありますけど、試合にずっと出させてもらいましたからね。久々に充実して試合をしていたなという感じ。

  • みんテレ