きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

大雪から一夜…多重事故・転落 "余波"続くJR約400本運休…公立高校入試は3月4日本番

事件・事故 社会 友だち追加

 今シーズン一番となった大雪から一夜。道民は朝から雪かきに追われたほか、多重事故なども相次ぎました。一方、異例の延期となった公立高校の一般入試は3月4日から行われます。

 3月2日今シーズン最多となる79センチの積雪を観測した札幌。屋根の上にはたくさんの雪が積もり、街全体が真っ白な雪の景色に逆戻りとなりました。

 3月3日朝も道路にはたくさんの雪が残り、あちこちで雪かきをする人の姿が見られました。

 札幌市民:「(冬の)終盤に合わせて帳尻合わせてきた感じのさらに倍って感じです」

 札幌市民:「車もすれ違えないような感じでお互い譲り合いながら通っているので4日、5日と天気がよくなって、気温上がったらどうなるのか心配」

車5台が衝突した中山峠

 この大雪の影響で事故も相次ぎました。2日に43センチの雪が降った帯広市では午前9時30分ごろ、カーポートの除雪作業中の67歳の男性が転落し、頭から出血するケガをしました。

 また札幌市南区の中山峠の頂上付近では午前6時すぎ、道路パトロールカーやトラックなどを含むあわせて車5台が衝突する事故があり、3人がケガをし、2時間半以上にわたって通行止めとなったほか、空知の新十津川町では、道路を歩いていた高齢の女性2人が車にはねられケガをしました。

 一方、この大雪の影響で3月4日と3月5日に延期されたのが、公立高校の一般入試。札幌市内の学習塾では、生徒たちに激励の電話を入れているといいます。3月4日の本番に向けて受験生にエールを送ります。

 札幌練成会 長内 篤史 統括本部長:「中3の塾生全員に激励電話をして、プラスに変えてほしいと伝えた。学年のスタートの4月、5月から学校の休校などがあり、落ち着いて勉強できる状況が少なかった。必ずこの経験は高校・大学に生かされていきます。まずは高校入試、頑張ってください」

 一方、JRも影響が続いていて3月3日は特急74本を含む399本が運休。JR北海道によりますと、3月4日は留萌線の深川ー留萌間で始発から午前11時までの運休が決まるなど列車26本が運休予定です。最新の情報はホームページでご確認ください。

  • みんテレ