きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

"エンジン不良"でレッカー搬送…虚偽申告で約6万円だまし取る 39歳男余罪追及へ

事件・事故 社会 友だち追加

詐欺の疑いで男を逮捕した北海道警函館中央署

 車が故障してレッカー車で搬送したとうその申告をして保険会社から約6万円をだまし取ったとして、自動車整備士の39歳の男が逮捕されました。

 詐欺の疑いで逮捕されたのは、北海道函館市に住む自動車整備士の39歳の男です。

 男は2020年1月下旬、渡島管内に住む知人の20代の男性と共謀し、男性の車がレッカー車などで搬送された事実がないのにうその申告をして、保険会社からレッカー移動費用約6万円をだまし取った疑いが持たれています。

 匿名の情報提供を受けた保険会社が警察に連絡したことで、事件が発覚しました。

 警察によりますと、男は知人の男性が所有する乗用車が自走できるのにも関わらず、"エンジンの不良で動けくなくなった"ことにして、"別の知人から借りたレッカー車で自身が経営する自動車整備会社に搬送した"と偽装して保険会社に申告していたということです。

 調べに男は「だましていません」と容疑を否認しています。

 警察は男に同様の余罪が数件あるとみて調べを進めるとともに、男と共謀した疑いのある20代の男性も容疑が固まり次第近く書類送検する方針です。

  • みんテレ