きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

開幕カードの前哨戦!?“レジェンド対談”小野伸二選手&中村俊輔選手がお互いを語り尽くす!!

スポーツ 友だち追加

オンライン会見で笑顔の小野伸二選手と中村俊輔選手

 2021明治安田生命Jリーグ開幕直前オンライン記者会見が2月24日に実施され、北海道コンサドーレ札幌の小野伸二選手(41)と横浜FCの中村俊輔選手(42)がチームを代表して出席しました。

 2月27日に昨季12位の札幌が同15位の横浜FCをホーム・札幌ドームに迎える開幕戦を前に日本サッカー界の”レジェンド対談“が実現しました。

 お互いにどんなプレーを開幕戦で見せてほしいかと聞かれ、約1年半ぶりに札幌へ復帰した小野選手は―。

 「開幕カードということでお互い18人のメンバーに入るということを目標にやっていると思う。同じピッチの上に立てたら最高なこと。とにかくそれを実現できるようにやっていきたい」。

 開幕戦出場への意気込みを語る小野選手に対し横浜FCで3季目を迎え今季から代名詞の10番を背負う中村選手は―。

 「開幕カードが決まってからそういう質問が多いんで(笑)。シンジは自分の中で“一番上手い選手”だと思う。ライバルという感じじゃない。年齢を重ねてまたJ1で会えたらなと思っていたので、お互い良いものが出せればという感じでいる」。

 久しぶりの対戦を心待ちにしている様子です。

 そしてお互いに“うらやましい相手の能力”を聞かれると中村選手は―。

 「両足で蹴れるところ。体のバランスが僕は片方に寄っているので(小野選手は)両方に体のバランスがある分、動きやすいのだろうなと思う。反転やトラップも含めて。一回、シンジの体になってみたい(笑)。そういう感覚になってみたいというのはある」。

 一方、小野選手が思う中村選手の“うらやましい能力”は―。

 「左足のキックを含め、すべてレベルが高すぎるので、逆に僕は俊輔さんになりたい」と笑顔でコメントしました。

 最後にJ1開幕へ向けて聞かれ、小野選手は―。

 「僕にとってはJ2からJ1ということで1年半ぶりにこういう舞台に挑戦できる権利を頂いた。まだメンバーがわからない状況で、どの選手が開幕戦に行くか決まっていないが、選ばれた選手たちはチームの代表であり、北海道代表として勝点3をとるために全力を尽くす。ただそれだけ」と勝利への意欲をみせました。

 “レジェンド”の競演にも注目の札幌vs横浜FCは2月27日札幌ドームで午後2時キックオフです。

  • みんテレ