きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

【北海道の天気 2/23(火)】真冬の天気に逆戻り 局地的な大雪・吹雪で交通の乱れに注意を

天気 友だち追加

(菅井貴子気象予報士が解説) 午後6時30分現在

◆23日夜~24日朝の予想降雪量
上川北部、留萌中部、南部、胆振西部、後志北部は、最大で30センチです。
石狩北部は、引き続き、暴風雪に警戒を続けてください。
札幌は、北区、東区、白石区、厚別区などで、最大10~15センチが見込まれます。
あすの朝は除雪が追い付かない所もありますので、注意をしてください。

◆24日の天気
冬の天気分布で、日本海側で、雪が続きそうです。
岩見沢から江別周辺に活発な雪雲がかかり、降雪量は40センチに達するかもしれません。
三笠や夕張周辺も、雪の量が多くなりそうです。

◆24日の気温
前日に比べて3~6℃も低くなりそうです。
立春が過ぎた寒さを「余寒」と表現しますが、それにしても、厳しい寒さです。
札幌は、1週間ぶりの真冬日で、真狩村では、最高気温でもー9℃です。

◆週間予報
26日(金)ごろまで、寒気が居座るでしょう。
北見は金曜日の最低気温はー20℃です。
週末は、春の高気圧に覆われ、28日(日)は気温が上がり、ぽかぽか陽気です。
3月1日(月)は、暖かな雨が降り、雪どけが進むでしょう。
太平洋側は融雪剤をまいたり、雪割りをしておくとよさそうです。

  • みんテレ