きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

明治から平成にかけての貴重なひな飾りを展示 時代で変わる人形の表情や装飾を楽しんで 札幌

友だち追加

 2021年3月3日の桃の節句を前に、札幌の北海道開拓の村では、明治から平成にかけての様々なひな人形が展示されています。

 札幌市厚別区にある北海道開拓の村では、歴史的な建物のなかで明治の終わり頃から平成にかけてのひな人形を見ることができます。

 展示されているのは、道民から開拓の村に寄贈されたものなど、ひな人形23組と掛図1組です。

 訪れた人たちは、時代によって変わる人形の表情や装飾を楽しんでいました。

 会場では新型コロナウイルスの感染予防対策として、マスク着用の呼びかけや、入場時の消毒や検温などを行っています。

 ひな人形の展示は、3月21日まで開かれています。

  • みんテレ