きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

「検察庁から呼ばれるかも」"社債購入権"めぐる電話で…80代女性450万円被害

事件・事故 社会 友だち追加

詐欺事件の捜査をする北海道警稚内署

 出資会社や製薬会社の社員などを名乗る複数の男から社債購入をめぐる電話を受けた80代の女性が、現金450万円をだまし取られる被害にあいました。

 2020年9月中旬、北海道稚内市に住む80代の一人暮らしの女性の家に、製薬会社への出資会社社員を名乗る男から「製薬会社が薬を作る工場を建設する」、「うちの会社で社債を買うことになったがあなたにも買う権利がある」などとの電話がありました。

 その後、製薬会社の社員を名乗る男から「まだ社債を購入していないのであれば名義貸しになり犯罪です。検察庁から呼ばれるかもしれない。呼ばれないようにするので現金を送ってください」などと電話があり、話を信じた女性は10月初旬から12月7日にかけ、3回にわたって合計450万円を東京と神奈川県の住所にゆうパックで送付し、だまし取られました。

 女性はゆうパックでは現金が送れないため、「別の品物」と郵便局に申告して送るように指示を受けていたことに加え、高齢で郵便局に行くのが困難なことから、郵便局窓口ではなく「集荷」の依頼をしていたということです。

 女性は「2月中旬に返金される」と聞いていたのに期日になっても金が戻らないためだまされたことに気付き警察に届け出ました。

 警察は詐欺事件として捜査するとともに、「レターパックやゆうパック、宅配で現金を送ることはできない」、「見知らぬ相手から現金を要求された場合は詐欺を疑い、警察に相談を」などと注意を呼びかけています。

  • みんテレ