きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

コロナ対策の"切り札"ワクチン北海道7病院で先行接種始まる…今後の手続き・注意点

社会 くらし・医療 友だち追加

 新型コロナ対策の切り札となるのでしょうか。新型コロナウイルスのワクチンが2月19日、北海道内の病院に届き、医療従事者を対象に先行接種が始まりました。

 新型コロナ対策の切り札となるワクチン。19日から医療従事者への先行接種が始まりました。

 函館市の函館病院では19日だけで医師や看護師250人に接種を行います。

 国立病院機構 函館病院 加藤 元嗣 院長:「ワクチンが打ててまず安心。刺したときチクッとしたが液入れるときは痛みを感じない。どのくらいの頻度で発熱や打ったところの痛みがでるのか。副反応について対策も行っている」

 19日は北海道内7つの病院にワクチンが到着し、うち4つの病院で午後から接種が行われました。

 岩見沢市の岩見沢中央労災病院では24人が接種。

 接種したスタッフ:「(Q.怖くないですか)慣れてますから注射打つのは。インフルエンザより痛くないかもしれない」

 釧路市の釧路労災病院では60人が接種しました。

 釧路労災病院 宮城島 拓人 副院長:「東の端にもワクチンがきた。とても喜ばしい。有効性が高いので集団免疫という意味で多くの方に打ってもらい、コロナの収束に向かえば。期待は大きい」

 国は全国約4万人の医療従事者を対象に、ワクチンの先行接種を行いこのうち2万人規模で健康状況調査を行い、より多くの人に接種を行いたいとしています。

 北海道内の接種開始に鈴木知事も、強い期待を述べました。

 鈴木 直道 北海道知事:「先行接種で得られるノウハウ、医療関係者からも共有すべきだと。市町村などに紹介する支援が行うことができないか考えている。これは大きなプロジェクト。みんなで力を合わせて成功させたい。全道各地の接種体制の構築にむけて準備をしていきたい」

2月19日の北海道内では43人の感染を確認

 一方、北海道内では19日新型コロナウイルスの患者3人の死亡が確認されました。

 新たな感染は札幌で23人、旭川市で4人、石狩地方で7人などあわせて43人が確認されました。

  • みんテレ