きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

「おいしい魚を届けたい」漁業に"命を燃やした"男…思いを受け継ぐ漁師たちの挑戦

コラム・特集 友だち追加

 オホーツクの北海道北見市常呂町。

この町を漁業で盛り上げたいと奮闘する若者たちがいます。

 その若者たちの心の支えとなり漁業に命を燃やした1人の漁師、その生き様に迫ります。

"産地"も"生産者の顔"も見える鮮魚売り場

 大丸札幌店にある鮮魚店。

 現在この店の一角に、あるコーナーが設けられています。

 漁師・マスコスモ代表 柏谷 晃一さん:「『ところどんぶり』と『常呂にぎり』、全て常呂町で取れているもの」

 販売しているのは名産のホタテやカキを使った握り寿司、自宅で簡単に調理できるアヒージョのセットなど北見市常呂町産の水産物を加工した商品です。

 商品を卸したのは、常呂町の漁師・柏谷晃一さん。

 漁師仲間たちで立ち上げた水産加工会社「マスコスモ」の代表です。

 漁師・マスコスモ代表 柏谷 晃一さん:「普通だと誰がどこで取ったのかわかりにくいと思うが、マスコスモが取ったものならおいしいと思ってもらえたら」

 産地だけではなく生産者の顔が見える売り場にと。

 コーナーには、1人の漁師のポスターが貼られていました。

 漁師・マスコスモ代表 柏谷 晃一さん:「家に持ち帰りゆっくり食べてもらえたら、"川口"を感じてもらえるのかな」

 魚を片手にまぶしい笑顔の漁師、川口洋史さんです。

 漁師・マスコスモ 川口 洋史さん(当時35):「中学校卒業するくらいから鮮魚のブランディングをしたいと思っていて、そのために大学に進学したり、広告会社に勤めたりした」

 取材クルーが川口さんに会ったのは2019年の10月。大学卒業後、東京の広告会社を経て、地元常呂町で漁師になりました。

水産物の魅力を伝えた川口洋史さん

 漁師・マスコスモ 川口 洋史さん(当時35):「利益を追求してその利益をしっかり地域に還元していく。コミュニティスペースが必要であれば、そこにお金を使っていく」

 川口さんはイベントなどを通し常呂町の水産物のおいしさを発信してきました。

 時には自ら寿司を握り、DJで会場を盛り上げ…。

 漁業の力で人同士をつなげ地元を変えたいとポジティブに活動する異色の漁師です。

 より新鮮な水産物を消費者に届けるため、市場を通さず小売店や飲食店と直接売買できるように札幌などで営業をしてきました。

 今回の出店も、川口さんの営業努力が実を結んだものです。

 魚の北辰 札幌大丸店 新沼 豊盛 店長:「ただ仲卸から買って売るのと生産者を知った上で売るのは、売る側としての思いも違う」

 この日、あいさつのため札幌に来た柏谷さんたち。しかしそこに川口さんの姿はありません。

 そのわけは…。

  • みんテレ