きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

安くて美味しく"免疫力"もアップ!「今が旬」主婦の強い味方 "根菜類"がお買い得

くらし・医療 コラム・特集 友だち追加

 北海道では荒れた天気が続いていますが、天候によって大きく変わる野菜の値段。そんな中、常に価格が安定しているのが、レンコンなどの根菜類です。

 しかも、今が旬でお買い得な上に、コロナ禍で注目されるうれしい効果も!

 新崎 真倫 記者:「葉物野菜は冬のこの時期価格が変動しやすいが、根菜類は価格が安定していて、まさに今がお買い得です」

 暖冬や猛暑など、天候の影響を受けやすい野菜の価格。特に北海道内は冬、大雪で物流が滞ることなどもあり、日持ちしにくく、寒さに弱い葉物野菜がその影響を受けやすくなっています。

 一方、土の下で成長する根菜類は、天候に左右されず、年間を通して価格が安定しているといいます。

 実際に買い物をする主婦たちに聞いてみると…

 客:「根菜類は値段が変わらないイメージ。ジャガイモやサツマイモは子どもが好きなのでよく料理します。値段が変わらない方が買いやすい」

 客:「ジャガイモはよく使う。味噌汁とかポテトサラダとか。価格の変動がないから家計にやさしくて使いやすい」

 野菜の高騰が相次ぐ中、価格が安定している根菜類は、主婦たちの"強い味方"と言えそうです。

食物繊維が善玉菌を活性化

 北海市場 斉藤 亮彦 鮮魚部部長:「(根菜類は)日持ちして、収穫してから温度変化の影響をそんなに受けないので、年間を通してある程度値段が一定している。特に北海道は吹雪いたりするが、その中でも根菜類は比較的値段が安定しているのでお買い得。常に安いものは安い状態が続く」

 それに加えてこちらのお店では、今が旬のレンコンをはじめレッドムーンなどは、新型コロナの影響で業務需要が減っていることなどもあり、例年に比べ2割ほど安くなっているといいます。

 まさにお買い得で、お財布にやさしい根菜類。実は、コロナ禍の今こそ取りたい食材とも言えるんです。

 例年の野菜高騰の中でも、天候の影響を受けづらく、年間を通して価格が安定している根菜類。

 専門家によると、根菜類に多く含まれる食物繊維が腸内環境を整え、免疫力アップに繋がるといいます。

 札幌保健医療大学・保健医療学部栄養学科 荒川 義人 教授:「基本的に免疫の様々な仕組みの一つに、腸内細菌が環境を整えて、腸で免疫の役立つ細胞を作り出すこと。根菜類にもいろいろな栄養成分入っているが、それとは別に、自分の体を外圧から守る色々な繊維成分を持っている、それが腸内の我々の体にとって都合の良い菌、善玉菌、そういったものの餌となる。善玉菌は食物繊維が入ってくると、喜んで元気になるということがわかってきた」

 コロナ禍で「免疫力」への関心が高まる今、家計にやさしい「根菜類」を上手に取り入れ、コロナの冬を乗り切りたいものです。

  • みんテレ