きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

落雪に巻き込まれ80代男性重体…雨で屋根の雪緩んでいたか 除雪作業中の事故相次ぐ

事件・事故 社会 友だち追加

 北海道内では除雪作業中の事故が相次ぎ、美唄市では屋根の雪下ろし中の男性2人が落ちてきた雪に巻き込まれ、1人が意識不明の重体です。

 2月15日午後2時10分ごろ、美唄市の知人の住宅で屋根の雪下ろしをしていた男性2人が、上から滑り落ちてきた雪に巻き込まれました。

 このうち命綱をしていた80代の男性は転落はしませんでしたが、屋根に頭を打ちつけたとみられ、意識不明の重体だということです。

 もう1人の男性は屋根から転落しましたが、ケガはありませんでした。

 現場の屋根には傾斜があり、当時1メートル以上雪が積もっていました。雨が降っていたことから雪が落ちやすい状況だったとみられています。

 一方、旭川市でも午後1時前、自宅の軒下で除雪中の76歳の男性に屋根から落ちてきた雪の塊がぶつかり、骨盤骨折の疑いで手当てを受けています。