きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

新築工事現場で"爆発"…原因は「ガス漏れ」 前日夕方から周辺で検知 亀裂見つかる

事件・事故 社会 友だち追加

 2月12日朝、北海道苫小牧市の新築工事中の住宅で起きた火災について、苫小牧ガスは「付近でガス漏れが起き引火したとみられる」と発表しました。

 苫小牧ガスは午後4時から記者会見を開き、12日朝に市内の新築工事現場で起きた火災について説明しました。

 付近のガス管でガス漏れが起きて工事現場に流れ込み、何らかの原因で引火したとみられるということです。 

 火事が起きたのは午前8時20分ごろ。苫小牧市しらかば町4丁目の住宅の新築工事現場で、爆発音とともに火災が発生しました。

 この火事で近くにいた作業員が全身にやけどを負うなど、2人が病院に運ばれました。

 苫小牧ガスによりますと11日午後4時30分ごろ、付近の住宅で警報が鳴り、その後周辺でガスを検知。漏れた箇所の特定を進めていました。

 漏れた箇所ではガス管に亀裂が見つかったということです。

  • みんテレ