きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

カーリング女子世界選手権中止にも「与えられた環境でベスト尽くす」…日本選手権はロコ・ソラーレ3連勝

スポーツ 友だち追加

カーリング日本選手権での藤澤五月選手(ロコ・ソラーレ)  (c) JCA IDE

 世界カーリング連盟(WCF)は2月8日、3月にスイスで予定していた女子のカーリング世界選手権の中止を発表しました。

 カーリングの世界選手権は2022年の北京冬季五輪の出場国・地域を決める大会になっており、WCFのケイト・ケイトネス会長は「世界選手権を目指して一生懸命やってきたアスリートが2年連続の中止で、その機会を失ってしまったことに非常に失望している」とコメント。五輪選考会の代替案について協議し、最善を尽くすとしています。

 国内では日本選手権(北海道稚内市)が開催中で、ロコ・ソラーレの藤澤五月選手は9日、「(中止を知って)もちろん残念な気持ちだが、私たちは日本選手権を戦えている。(公式の試合ができない)他の国に比べて恵まれている。今、試合ができている。良い環境でやらせてもらっているので今、与えられたこの環境でベストを尽くすことが1番と思っている」と話しました。

 今回の日本選手権に優勝し世界選手権出場を目指していた中部電力の北澤育恵選手は「まずは(この)日本選手権優勝というところはぶれないでやっていきたい」と力を込め、北海道銀行の吉村紗也香選手も「この大会に優勝しなければ(北京五輪への)道は断たれてしまう。そこはぶれずに1試合1試合頑張っていきたい」と奇しくも同じ “ぶれずに”という言葉を口にし日本選手権に全力を注ぐ決意を表しました。

 カーリングの日本選手権は9日終了時点でロコ・ソラーレ(3勝0敗)と中部電力(3勝0敗)、それに北海道銀行(2勝0敗)が無敗で予選リーグ白星を重ねています。

 日本選手権前年優勝のロコ・ソラーレが14日の決勝に進出して優勝すれば日本が北京五輪に出場する場合の五輪日本代表に決まります。

【男子・混合ダブルスの世界選手権】

 北京五輪の出場権がかかるカーリングの世界選手権は、今回中止が発表された女子の他、男子が4月3日~11日(カナダ・カルガリー)、混合ダブルスが4月24日~5月1日(開催地調整中)で予定されています。WCFでは男子と混合ダブルスに関しては計画通りに進んでいるとしています。

  • みんテレ