きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

熱烈送迎!"高いプロ意識"でおもてなし…客足回復を願う看板犬たち【金曜日のわんこ】

コラム・特集 友だち追加

 毎週週末ににお届けしている「金曜日のわんこ」。

 2月5日は、熱烈に送迎をする"おもてなし"ワンちゃんです。

見えなくなるまで「お見送り」

 お客さんの姿が見えなくなるまでお見送りしているのは…北海道胆振地方の白老町にあるホテル、「海の別邸 ふる川」の看板犬「モコ」ちゃんと「ハル」ちゃんです。 

 開業以来10年間、ここの看板犬をつとめる温厚な性格のモコちゃんと、3年前に後輩としてやってきたハルちゃん。 

 まだ遊び盛りですが、先輩の背中を見てしっかりお客様をおもてなしします。

 子ども:「ワンワンだ」

 持ち前の包容力で、お客さんを癒しています。 

 普段はロビーでぬくぬくと過ごしているのですが、フロントに帰るお客さんが集まってくると…

ベンチごとお客さんのもとへ…

 体重40キロを超えるハルちゃん、さすがの力! 

 ベンチの足にリードで繋がれていたのですが、もうたまらずベンチごとお客さんのもとへ! 

 これも、おもてなしのプロ意識の高さ?なのかも。 

いつかまた「たくさんのお客さん」と会える日を

 そんな2匹の楽しみは、お見送りを終えた後のドッグラン。 

 思いっきり体を動かしてリフレッシュ、午後からのお仕事に備えます。 

 しかしコロナ禍で客足は回復せず、例年の3割程にとどまっているといいます。

 海の別邸 ふる川 河合 佳和 支配人:「(2匹は)客に呼んでもらうと喜ぶので、その機会が減って悲しそうにしている。早く以前のように、皆さんに囲まれていたい」

 いつかまた、たくさんのお客さんに会える日を心待ちにしている「モコちゃん」と「ハルちゃん」なのでした。

 みんテレでは、北海道内で活躍する犬の情報を募集しています。

 メールアドレスminna@uhb.co.jpへ

 皆様からの情報をお待ちしています。

  • みんテレ