きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

北海道産が99%! 冬が旬の「ゆり根」スイーツが人気 女性に優しい作用も

コラム・特集 友だち追加

 おいしそうなケーキとパン。これに、今が旬の北海道産食材がふんだんに使われています。上品な甘さが特徴で、健康にもいいという食材、特に女性におすすめです。

 北海道産小麦100%が売りのパンのお店、「KON・GARI」。

ゆり根のポテトサラダ風サンド

 2021年1月から土曜日限定で販売を始めたこちらのパン、一見ポテトサラダが入っているように見えますが…。

 KON・GARI 店長 西村 奈央さん:「ジャガイモではなく、『ゆり根』を使用しています」

 茶碗蒸しの具材などに使われる「ゆり根」は、12月から2月の冬が旬。

 でんぷんは、ジャガイモの約1.5倍含まれ、砂糖とは違った自然な甘みが特徴です。 

 KON・GARI 店長 西村 奈央さん:「ジャガイモよりも甘みがあり、でんぷん質が多いので、食感も滑らかでクリーミーです。開店から15分ほどで完売しました」

 蒸した後、ペースト状にしてキュウリやニンジンなどとあえています。

 長岡 伶奈 記者:「ほのかに甘みが感じられ、なめらかです。とてもおいしいです」

99%が「北海道産」のゆり根

 高級食材として知られるゆり根ですが、市場に出回るものの『99%は北海道産』のものです。

 そのうちの半分以上が、北海道真狩村で作られています。

 「KON・GARI」で使用しているゆり根は、真狩村の田村農園のものです。
 
 田村農園 代表 田村 豊和さん:「関東・関西の高級料亭で多く使われているが、今年は新型コロナウイルスの影響で、価格は例年の70%ぐらいだった。もっともっと北海道の人に、食べて欲しい」

 パンだけではありません。ゆり根を使ったスイーツも人気です。

スイーツでも人気の食材に

 北海道札幌市豊平区のケーキ店、「ケイク・デ・ボア」の「百合根のモンブラン」です。

 タルト生地の上は、ゆり根を入れて焼いた抹茶のブリュレ。

 更にその上に生クリームとゆり根のクリームが絞られています。

 長岡 伶奈 記者 :「とても滑らかで、おいしいです。程よい甘さでいくらでも食べられますね」

 こちらでは季節ごとに、旬の食材を使ったモンブランを作っています。

 9月ごろからカボチャや栗、冬の間は何かないかと探した結果、ゆり根にたどり着きました。

 ケイク・デ・ボア オーナーシェフ 森 伸司さん :「毎年この時期になると、『“百合根のモンブラン”はないのか』と言ってくれる客がいます」

 実はゆり根は、おいしいだけではなく栄養分にも優れているんです。

 ビタミンBの一種「葉酸」が豊富で、赤血球の生産の手助けをし、貧血の予防になるといいます。

 そして妊娠中の女性にとって、さらに重要な成分だといいます。

妊娠中の女性にも「重要な成分」が

 長年ゆり根の研究を続けている、札幌保健医療大学の荒川義人教授に聞きました。

 札幌保健医療大学 荒川 義人 教授:「健康な赤ちゃんを産むのに、葉酸が不可欠で、ゆり根は食べやすい。葉物野菜に多く含まれる葉酸だが、それに負けないくらい、ゆり根には葉酸が入っています」

 旬のゆり根を存分に味わってみませんか?

  • みんテレ