きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

"J1最長身" 2メートルGK中野小次郎がチーム合流 開幕スタメンへ意気込み充分

エンタメ スポーツ 友だち追加

激しい守護神争いに臨む中野小次郎選手

 沖縄県で一次キャンプを行っているサッカーJ1の北海道コンサドーレ札幌。外国籍選手や荒野拓馬選手(27)に続いて、2月1日、GKの中野小次郎選手(21)がチームに合流しました。

 1月23日に法政大の一員として、大学日本一を決める「#atarimaeni CUP」の決勝を戦って間もない中野小次郎選手は自身のコンディションについて、「12月、1月とずっと試合が続いていたので、(合流するまでの)1週間休みをいただいて、気持ちも身体もリフレッシュできました」と話しました。

 2020シーズンは、現役大学生ながら特別指定選手としてJ1リーグ戦5試合に出場。プロという立場で挑む2021シーズンについては、自ら特長と話すビルドアップやシュートストップを武器に、「まずは開幕スタメンを目指して、ACLやタイトルを自分の手で掴めるように頑張ります」と激化する守護神争いへの意気込みを語りました。(写真提供:北海道コンサドーレ札幌)

  • みんテレ