きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

「決めつけている」電撃解任に前病院長が反論…旭川医大 騒動"泥沼化"の異例事態

社会 くらし・医療 友だち追加

 北海道旭川市の旭川医科大学病院の前病院長が、会議の音声を外部に漏えいしたなどとして解任された問題。

 2月1日前病院長が会見を開き、吉田学長らが行った大学側の説明に反論。解任の撤回を求めました。

 旭川医科大学 吉田学長:「コロナを完全に無くすには、あの(吉田)病院が完全に無くなるしかない。吉田病院があるということ自体が、ぐじゅぐじゅぐじゅぐじゅとコロナをまき散らして…」

 これは、クラスターが起きた北海道・旭川の病院への吉田学長の発言です。旭川医大病院ではこの学内会議の録音データなどをめぐり、病院長が解任される異例の事態に発展しています。

 そして2月1日、解任された古川博之・前病院長が会見を開き、主張したのが…。

会見で反論した古川前病院長

 旭川医大病院 古川 博之 前病院長:「(吉田学長からは)辞任を考えてほしいというのではなく、ただ辞めてほしいとパワハラ発言が繰り返された。患者を受け入れなかったことに対して多くの職員が失望している。その原因は吉田学長にあるにも関わらず、私を混乱の原因と決めつけている」

 大学側は解任の理由の一つに、古川・前病院長が学内会議の内容を録音し、外部に漏えいして混乱させたなどとしていましたが、古川・前病院長は音声データの漏えいを否定しました。

 旭川医大病院 古川 博之 前病院長:「記録が外部に開示されたことの関与を否定します。不利益処分を下す側が立証する証拠を明示すべきである。単なる状況証拠では不足である」

 一方、新型コロナウイルスの患者受け入れをめぐっては、旭川医大側は「当時、患者を受け入れる状況が整っておらず、医療崩壊につながる恐れがあった」と説明していました。

 しかし、古川・前病院長は受け入れは可能だったと主張します。

 旭川医大病院 古川 博之 前病院長:「厚生労働省と保健所が認めている。しかも立ち入り検査をしている。それを認めないというのであれば、どこが認められないのか、保健所の審査がおかしいのか、ちゃんと述べてほしい」

 真っ向から対立する2人の主張…。古川・前病院長は、解任の撤回をするよう要請しています。

 旭川医大病院 古川 博之 前病院長:「いつまで回答してくださいとは言っていませんし、今までの役員会側・学長側の動きでは全く撤回してくれる見込みはないだろうが、もちろん撤回していただければありがたい」

  • みんテレ