きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

鳥インフルエンザウイルス遺伝子の陽性反応 北海道 旭川市でオジロワシから初の検出

くらし・医療 友だち追加

 北海道旭川市内で見つかったオジロワシから鳥インフルエンザウイルスの遺伝子が検出されました。

 オジロワシからの検出は初めてです。

 環境省によりますと1月27日、旭川市内でオジロワシ1羽が衰弱した状態で見つかりました。

 検査の結果1月30日、鳥インフルエンザウイルス遺伝子の陽性反応が確認され、1月31日現在、「高病原性の有無」を調べています。

 環境省は回収地点10キロ圏内で野鳥の監視を強化しています。

 北海道内では1月28日、帯広市内で見つかったハヤブサの死骸から高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されていて、北海道では養鶏場などに対策の徹底を求めています。