きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

首位攻防“リモートマッチ”をクラブ初の“パブリックビューイング”で後押し…ヴォレアス北海道

エンタメ 友だち追加

 バレーボールVリーグ2部(V2)のヴォレアス北海道は2021年1月26日、クラブ初のパブリックビューイングを2月7日(日)に旭川で開催すると発表しました。

 2月7日は2020-21シーズン無敗で首位を走る富士通カワサキレッドスピリッツと10勝1敗で2位のヴォレアス北海道がシーズン初顔合わせとなる注目の首位攻防戦です。

 試合会場は神奈川県川崎市のカルッツかわさき(富士通のホームゲーム)ですが、新型コロナウイルス感染防止のため無観客のいわゆる“リモートマッチ”です。ヴォレアス北海道ではコロナ禍でも応援できる形として“感染防止策”を徹底した上で“遠隔地から”チームとファンが一体となる“新しい応援スタイル”を試みます。

 パブリックビューイングの会場になるのは映画館。大きなスクリーンと音響、ゆったりとした客席で司会者の解説なども聞きながら楽しんでもらい、オンライン会議アプリも活用して試合会場の現地スタッフとも結んで地元の思いを届けます。

 V2リーグ首位を争う富士通とヴォレアスはともに前シーズン、V1昇格に向けた入替戦進出を勝ち取りながら入替戦は中止。感染拡大の前に戦うことなくチャンスを失い涙を飲みました。

 コロナに翻弄されながらも快進撃を続ける両チームの激突はV2上位2チームが進むV1・V2入替戦(2021年4月3日~4月4日 船橋アリーナ開催)を占う上でも注目です。

 キャプテンの古田史郎選手(32)はインタビューに次のようにコメントしています。

 古田選手:「2月7日の富士通戦に向けて僕たちは挑戦しています。興奮と勝利をお約束しますのでぜひ楽しみにしていてください!」

  • みんテレ