きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

“学校公式”なのにお固くない “型破り”SNSで高校の魅力を発信

コラム・特集 友だち追加

 学校公式のSNSというと、どんなものを想像しますか?まじめで、何となく堅苦しいイメージではないでしょうか。ところが、北海道内のある高校のSNSが独特だと話題を呼んでいます。一体どんなものなのでしょうか?

 Twitter 幌加内高校ですけど何か?【公式】:「なぜだ?なぜ農業科の先生にベテランそば屋の雰囲気を醸し出せるんだ?学校なのかそば屋なのかわからん」

 note 幌加内高校:「マイナス30℃を超えると学校は休みになりますか?」「マイナス80℃になっても休校にはなりません」

 何ともシニカルなつぶやき。実はこれ、北海道北部の幌加内高校の公式SNSなんです。全校生徒35人、町の特産品のそば打ちの授業が必修科目になっているなど、特色ある高校です。生徒たちは、この公式SNSをどう感じているのでしょう。

 生徒:「何気ないことがおもしろおかしく書いてたり、本音みたいなことが書いてたり、とてもおもしろい」 

 つぶやいている「中の人」はどんな人なのでしょうか?

 Twitter 幌加内高校ですけど何か?【公式】:「やっべ。校長に垢ばれしたかも。オワタ」    

 「中の人」の正体を知っているという校長先生を訪ねました。つぶやいているのは誰?

 自由すぎるつぶやきで話題の幌加内高校の公式SNS。本当に「公式」なんでしょうか?

 幌加内高校 山城 誠 校長:「(Q:幌加内高校公式とあるが?)存じています」 
 
 校長先生も公認のアカウント。「中の人」はこちらの男性でした。

「高校魅力化コーディネーター」の橋本暁人さん

 高校魅力化コーディネーターの橋本暁人さん。聞きなれない肩書ですが、れっきとした町の職員です。町の活性化のため幌加内高校の魅力を発信し、広く町内外から入学する生徒を募るのが仕事です。

 幌加内高校 橋本 暁人さん:「ツイッターを見た人がこの学校を魅力的だなと、行きたいなと思わせるのが僕の仕事」

 そば打ちの授業だけではありません。幌加内高校には様々な魅力が。図書室には話題の漫画がずらり!

  • みんテレ