きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

6人死亡 86人感染北海道 減少傾向も新たに計6クラスター…会合や飲食店でも判明

社会 友だち追加

感染者情報を発表した北海道

 北海道は1月25日、新たに新型コロナウイルスへの感染が確認された39人の詳細を発表しました。

 北海道発表分として、新たに4つのクラスターが確認されました。

●建設関係の事業所(空知地方):5人
 職員の感染が1月22日に判明し、濃厚接触者の検査を進めたところ、職員5人の感染が確認されました。

 30代から50代で軽症または無症状です。


●デイサービスセンター(苫小牧市):5人
 利用者の感染が1月22日に判明し、濃厚接触者の検査を進めたところ、5人(職員1、利用者4)の感染が確認されました。

 20代から80代で軽症または無症状です。

 北海道はこれまで16人にPCR検査を行っています。


●知人同士の会合(釧路市):6人
 会合の参加者の感染が1月23日に判明し、濃厚接触者の検査を進めたところ、参加者6人の感染が確認されました。

 60代から70代で軽症または無症状です。

 北海道は参加者9人全員のPCR検査を終えています。


●飲食店(釧路市):5人
 利用客の感染が1月20日に判明し、濃厚接触者の検査を進めたところ、利用客5人の感染が確認されました。

 30代から70代で軽症または無症状です。

 北海道はこれまで14人にPCR検査を行っています。


 これまでのクラスターも拡大しています。
●介護老人保健施設「あんじゅ音更」(音更町)
 新たに職員2人と施設入所者の感染が確認され、この関連の感染者は計95人(職員29、施設入所者66)となりました。


【1月25日北海道発表分の感染者情報】
▼空知地方:5人

●南幌町:1人

●石狩市:1人

●江別市:1人

●千歳市:1人

●恵庭市:3人

▼胆振地方:8人

●苫小牧市:2人

▼渡島地方:1人

▼オホーツク地方:2人(重症1)

▼十勝地方:1人

●音更町:1人

▼釧路地方:6人

●釧路市:6人


 25日は6人(北海道発表分3、札幌市2、小樽市1)が死亡、感染者は札幌市33(再陽性2)、函館市12、旭川市1、小樽市1人が確認され、あわせて86人。2日連続で100人を下回りました。

 新たなクラスターが札幌のススキノの「パブ」と「札幌西高校」で確認されていて、北海道内では計6つになりました。感染者は減少傾向ですが、新たなクラスターの確認が連日続いています。

 86人中、15人の感染経路が不明で、重症者は前日から1人増えて18人。うち札幌市は前日と変わらず7人となっています。

 北海道内の重症者は14日に「9人」まで減少しましたが、再び増加傾向となっています。

 北海道内の感染者は、計16715人となりました。

 北海道は緊急事態宣言を要請する基準として、新規感染者が直近1週間に人口10万人あたり25人を超えた場合としていて、25日までの1週間での感染者数は北海道817人となり、10万人あたり「15.4人」となっています。

  • みんテレ