きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

“雪まつり”がないとつまんない! 小学生が作った“ゴリラ雪像”が話題に

友だち追加

 コロナ禍の影響でオンライン開催となったさっぽろ雪まつり。何か物足りない…。そんな思いから小学生たちが作ったリアルな雪像が話題を呼んでいます。どんな雪像なんでしょう?

 函館市のベイエリア近くの神社にその雪像はありました。高さ2メートル近いゴリラの顔。大きく口を開けています。函館市の学童保育所「ひのてん」に通う子どもたちが3日間かけて制作しました。

 小学4年生 住谷 弘太くん:「(Q:こだわりは?)目!ベロ!」

 制作したきっかけは2021年のさっぽろ雪まつりがオンライン開催となり、会場に行けなくなったからでした。

 小学3年生 長谷川 遼くん:「さっぽろ雪まつりがなくなっちゃったので作りたいなと思って。他にもクマ作っていて、トラとか動物系をいっぱい作りたい」

 学童クラブひのてん 支援員 浪川 広行さん:「大人が手を出すと怒られる。『自分たちだけで作りたい』と。雪がもうひと降りしてくれたら、子どもたちもテンションがあがる」

 コロナになんか負けないと奮起する子どもたち。次回作にも期待です。

  • みんテレ