きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

コロナ禍で注目"スマート家電" テレビも照明もスマホで操作…見守りカメラも人気に

コラム・特集 友だち追加

 インターネットを通じて遠隔操作ができるという「スマート家電」。

 実は、コロナ禍で注目を集めているんです。

 使い方を知れば快適、身近に感じられるスマート家電を取材しました。

 インターネットに繋いで使う、スマート家電。

 仕組みや使い方がよくわからずハードルが高いと感じる人も多いのでは…。

 こちらのホームセンターでは、そんな苦手意識や敷居の高さをなくしてもらいたいと、2020年の秋から体験コーナーを設けました。

スマホでさまざまな家電を操作できる

 まず、スマート家電初心者にお勧めなのがこちら。

 DCMホーマック厚別東店 大森 健一さん:「スマートリモコンといいまして、こちらが従来のリモコンの代わりに様々な家電を操作するリモコンです」

 新崎 真倫 記者:「これ1つでですか?」

 DCMホーマック厚別東店 大森 健一さん:「これに色々なリモコンを覚えさせて、赤外線を出して操作することができる」

 自宅の家電をスマートフォンで遠隔操作できるようにするスマートリモコン。

 ワイファイを使ってスマホからスマートリモコンに指示し、スマートリモコンから発する赤外線でそれぞれの家電を操作するというのが基本的な仕組みです。

 新崎 真倫 記者:「電気が消えた。そのまま、テレビを操作したいです…。あ、つきました!本当にこのスマートフォン1つで色々な種類の家電を操作できるということなんですね」

 DCMホーマック厚別東店 大森 健一さん:「わざわざ買い替えなくてもこのスマートリモコンをつけることでスマート化できます」

"高齢者"見守り用としても利用される

 一方今注目を集めているのが、スマート室内カメラです。

 家族の見守りなどで使われることが多いのですが、コロナ禍でちょっとした変化が出ているんです。

 スマートフォンの普及に伴い、インターネットに接続する機能を持ったスマート家電の普及も進んでいます。

 留守中の子どもやペットなどの見守りで使われることが多いスマート室内カメラ。

 コロナ禍で、需要にも変化がみられるようです。

 DCMホーマック厚別東店 大森 健一さん:「高齢者のところへ行けないという方が、どういう状況なのか知りたいので、カメラをつけたいというお問い合わせがあります」

 離れて暮らす高齢者のもとへ自由に行き来できなくなり、安否確認のために使いたいと購入する人が増えているといいます。

両面テープで貼るだけの簡単さが魅力

 さらに、こんなものも…。

 DCMホーマック厚別東店 大森 健一さん:「センサーで(ドアを)開けたり閉めたりすることで、スマホに通知が来ましたね。このドア開けたなというのが、見守りとしてわかるようになっています」

 ドアなどにセンサーを取り付けると、開け閉めに反応してスマホに通知が行くというもの。

 電池式で両面テープで貼るだけなのでとっても手軽です。

 身近になりつつあるスマート家電。

 自分に合うものをうまく取り入れて「暮らしのスマート化」。始めてみるのも良いかもしれません。

  • みんテレ