きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

異例の指揮官不在も「良いトレーニングしていく」コンサドーレ沖縄キャンプスタート

エンタメ 友だち追加

画像提供/北海道コンサドーレ札幌 沖縄県金武町で春季キャンプが始まった

 サッカー、J1の北海道コンサドーレ札幌の1次キャンプが1月18日、沖縄県金武(きん)町でスタートしました。

 キャンプ初日(18日)の練習を終え、宮澤裕樹選手は「こういう素晴らしいコンディションでできることに喜びを感じている。しっかりここから準備していきたい」と新しいシーズンに向けて気持ちを新たにしていました。

 年初にペトロヴィッチ監督が骨折し、2021年のコンサドーレは指揮官不在という異例の船出となりましたが四方田(よもだ)修平ヘッドコーチ指導の下、選手たちは雪景色の北海道とは“真逆”の沖縄のピッチの上で練習をスタートさせました。

 チームは2月13日まで沖縄県で1次キャンプを行ったあと、熊本での2次キャンプを経て2月27日の開幕戦を目指します。

 2021年の開幕戦はホーム札幌ドームで行われます。

  • みんテレ