きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

「10万人あたり101人」東京も上回る小樽市…市役所職員8人感染 市長"危機感"

社会 友だち追加

小樽市役所

 北海道小樽市は1月15日、新たに新型コロナウイルスの感染者が2人死亡、9人の感染が確認されたと発表しました。

 死亡した2人はいずれも年代・性別非公表です。

 クラスターが確認されている病院や、市役所での職員の感染が判明しています。

●石橋病院(小樽市)
 新たに職員の感染が確認され、この関連の感染者は計112人(入院患者95、職員17)となりました。

●小樽市 福祉部相談室:40代男性職員
●小樽市 建設部庶務課:職員
 
 福祉部では14日に生活支援第2課で3人の感染が確認されていて、関係職員としてPCR検査をしたところ、陽性と判明しました。

 建設部職員の感染は生活支援課と別棟にあり感染経路は調査中です。

 職員との濃厚接触者はいないとしていますが、来週以降全職員のPCR検査を進めるとしています。

 小樽市役所ではこれで8人目の感染で、来庁者の濃厚接触の調査を進めています。

 2021年に入りこれまでに確認されている正職員の所属は以下の通りです。

・福祉部 子育て支援室:1人
・福祉部:1人
・福祉部 生活支援第2課:3人
・医療保険部 介護保険課:1人
・福祉部 生活支援第1課 相談室:1人
・建設部 庶務課:1人

【窓口閉鎖】
・生活支援第1課・第2課 →相談室(内線317)、生活支援第1課(内線305、306)で対応
・建設部庶務課 →建設部用地管理課で対応

 迫俊哉小樽市長は15日、7日から13日までの人口10万人あたりの感染者数は「101.4人」になっていて東京88.4人、北海道21.5人と比較してもかなりの高水準になっているとし、「医療・検査体制はもちろん、地域経済の維持に大きな危機感を抱いている」とコメントを発表。

 これまで市内で感染が確認された例として、年末年始に親戚や知人関係が集まり会食をしたり、多人数での会食後に家庭で感染が拡大、帰省で実家の家族に感染したケースを公表し、市民への感染防止対策の徹底を求めています。

 北海道の鈴木直道知事は14日、国に「緊急事態宣言」を要請する目安として、直近1週間の新規感染者数が人口10万人あたり「25人」を超えた場合に要請するとしています。

【1月の小樽市内の感染者数】
1日:11
2日: 5
3日:13
4日: 9
5日:12
6日:15
7日:15
8日:29
9日:19
10日:10
11日:12
12日:18
13日:12
14日:11
15日: 9

  • みんテレ