きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE
検索

札幌「高リスク」4%…3000円の民間PCR検査を体験 最短3時間で判明 市も対応へ

くらし・医療 友だち追加

 新型コロナウイルスの感染拡大を食い止める材料となるでしょうか?

 個人が3000円で受けられる、民間のPCR検査センターが北海道札幌市の狸小路にオープン。そのシステムとは?

 1月9日、北海道札幌市中央区に開設された「東亜産業PCR検査センター」。

 予約制で検査時間10分。

 検査後、最短3時間で結果がわかるといいます。

 遠藤 まさし リポーター:「実際に私がPCR検査の予約をしてみたいと思います」

 まずはサイトから予約。

 日にちや時間などを指定して送信すると、その後すぐ受付完了メールで予約番号などが届きます。

 そして…。

 スタッフ:「体温を測らせていただきます」

 北海道内で初めてとなる、個人向けPCR検査センターのシステムとは?

"検査キット"を使って自分で唾液を採取

 1月9日、札幌市中央区にオープンした民間のPCR検査センター。

 センターでは検査前に必ず検温を行います。

 無症状者が対象で、発熱などの症状がある場合や、濃厚接触者の疑いがある場合は検査を受けられません。

 そして、3000円を支払い受付へ。

 スタッフ:「予約番号を確認させていただきます」

 ここで、じょうごと保存液、予約番号が記された容器を受け取ります。

 スタッフ:「後ろのコーナーで採取をお願いします」

 唾液の採取の際は、仕切りがあるスペースへ移動。

 遠藤 まさし リポーター:「こちらのカプセルの中に、メモリ2まで唾液を入れていきます」

 そして採取した唾液の中に保存液を流し込みます。

 遠藤 まさし リポーター:「最後にキャップをして、できました」

 採取した唾液は2階の提出口へ。

 遠藤 まさし リポーター:「唾液を提出します。これでもう終わりですか?」

 スタッフ:「終わりです」

 受付から提出まで、わずか10分。このあと検査結果がメールで通知されます。