きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

集団感染の不安も 中学校で”いつもと違う始業式” 3学期始まる「蛇口」にも要注意

友だち追加

 北海道札幌市内の中学校では1月15日始業式が行われ、3学期が始まりました。

 新型コロナウイルスが猛威を振るう中、今後の感染状況に不安を抱えながらの新学期となりました。

 札幌市立西野中学校 江野 秀明 校長:「おはようございます。冬休みが終わりました」

 体育館には集まらず、それぞれの教室で迎えたいつもとは違う始業式。

 感染拡大が続く中、不安は尽きません。

 いま学校が置かれている状況とは?

 そして、子どもたちを感染から守るために必要なこととは?

学校再開へ不安の声も…

 札幌市立西野中学校 江野 秀明 校長:「1月15日から始まる3学期は、みなさんにとって1年間を締めくくる大事な学期です」

 1月15日札幌市内の市立中学校など、約100校で3学期の始業式が行われました。

 札幌市西区の西野中学校では、新型コロナウイルスの感染対策のため、生徒たちはそれぞれの教室でテレビ画面を通じて式に参加しました。

 生徒代表:「私は3学期を通して、学年全体を引っ張っていけるような存在になりたいです」

 感染拡大に歯止めがかからない中での学校生活再開に不安の声も。

 保護者:「冬休みの間、塾やスキースクールに行く子どもがいるので、始業式で感染など気になる」

 保護者:「学校に行くことで体調を崩したりだとか、新型コロナがはやっているのでどうなるのかなと思って不安」

 保護者:「手洗いとマスクの着用を徹底するしかない」

 冬休み前には学校での集団感染も発生。

 学校生活の行方はどうなるのでしょうか?

学校再開に伴い「集団感染」への心配する声が多くなった

【3学期心配なこと】(SNSによるUHB調べ)
・集団感染    :64.1%
・受験への影響  :14.2%
・授業の遅れ   :12%
・行事の変更・中止:9.7%

 集団感染への心配をあげる人が多かった。札幌市保健所によると、2学期後半、札幌市内の学校で集団感染が相次ぎました。

  • みんテレ