きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

【北海道の天気 1/14(木)】週末は低気圧が発達 受験生は交通情報のチェックを

天気 友だち追加

(菅井貴子気象予報士が解説) 午後6時30分現在

◆14日夜~15日朝の予想降雪量
利尻・礼文島に、大雪警報が出ています。
宗谷地方は、15日朝にかけても、多い所で30センチ。
上川北部は最大20センチ、石狩北部、留萌全域、根室北部は15センチ、
札幌市内は5~10センチです。

◆15日の天気
午前中は、日本海側で雪が降りますが、多い所で10センチです。
午後は降り方が弱まり、この時期としては穏やかな天気です。
太平洋側は晴れて、強い風も収まるでしょう。

◆15日の気温
前日に比べると、3℃~5℃も低くなりそうです。
札幌は、最高気温でもー3℃、道北はー5℃です。
しっかり防寒をしましょう。
寒さ疲れにも、注意してください。

◆1か月予報
気象台発表の1か月予報によると、1月22日ごろまでは、平均気温が平年よりも低めですが、
1月下旬~2月は、高めです。
今月上旬は51年ぶりの低温で、厳しい寒さが続きましたが、冬の出口が見えてきました。

◆週間予報
週末は、低気圧が発達しながら、北海道付近を通過します。
16日(土)午前中は、太平洋側で大雪のおそれがあります。
気温が高いため、水分を含んだみぞれとなるでしょう。
17日(日)は、日本海側で猛吹雪に警戒レベルです。
大学入学共通テストを受ける受験生は、交通情報もチェックしましょう。
19日(火)も低気圧が通過するため、荒れるおそれがあります。