きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

スピード違反の証拠を偽造 元警察官に有罪判決「捜査機関の信頼を大きく損なった」

事件・事故 社会 友だち追加

 スピード違反の証拠をねつ造したとして証拠隠滅などの罪に問われている元警察官の男に札幌地方裁判所は1月13日、執行猶予付きの有罪判決を言い渡しました。

 元道警本部交通機動隊の警部補吉本潤被告(58)は 2019年8月から2020年5月にかけ、スピード違反の取り締まり中、測定結果をねつ造し、うその違反切符を切るなどした罪に問われています。

 13日の判決で札幌地裁の中川正隆裁判長は「刑事司法の前提をないがしろにする悪質なもの。捜査機関の信頼を大きく損なった」などとして吉本被告に懲役2年6か月、執行猶予5年の有罪判決を言い渡しました。